当サイトも段々と寝取られ作品が増えてきました。
これからは少し絞って公開していきたいと思っております。
そこでこのページでは、お蔵システムの説明をしたいと思っております。
長々の説明が嫌な人は一番下の★まとめを見てね。

★お蔵って何?
お蔵とは、これまでに書いた小説を保存しておく保管庫のようなものです。
お蔵にはぽっけがImImで書いた全ての作品を載せていきます。
携帯サイト専用等の作品も載せています。
お蔵に入るにはパスワードが必要です。

★お蔵入りってどういう事?
お蔵入りというのは、現在、表のページで公開されている小説が
お蔵に移されてしまう事を言います。
表で公開されている作品の内、人気の有無、公開期間等を
考慮して、一番へっぽこそうな作品から順にお蔵に入れていきます。
表で公開するのは人気のある5作品程度にしようかと思っております。

●参考
○お蔵入り警報(かなりお蔵に入りかけ。次にお蔵入りする可能性が極めて高い)
○お蔵入り注意報(お蔵に入るかもしれない。今後、警報に切り替る可能性アリ)

★お蔵に入る為のパスワードを手に入れるには?
小説の最後に必ずある作品評価フォームから
評価を送ってくださった方から月に一度、抽選で選んでプレゼントしています。
良い評価をすれば当たる訳ではありませんし
コメントが長いから当たる訳でもありません。
メルアドと希望チェックがある人の中から
サイコロでランダムに選びます。
暗い部屋で一人サイコロ振るのです。

ImImに大きく貢献してくれる人や
アマゾンさんで買い物してくれたりしても
プレゼントしちゃいますので
気軽に声かけてください。
買い物した場合は買った品物と時間を書いて知らせてね。

さらに、たまに企画でパスワードをプレゼントする時もあります。
でも、初回のイベントの参加者は0人だったけどね……(恨)


★なんでお蔵なんて作るの?
表に沢山の作品を羅列しておくと、初めて来た方に駄作を
読ませてしまう恐れがあるからです。
ぽっけとしては自分の力作を優先的に呼んで貰いたい為
このような手法を取った次第です。
また、古い作品がどんどん消えていく事によって
定期的にお客さんに来てもらえるようにする為です。

★やりぃ〜〜パスワード手に入れたぜぇ!!
おめでとう御座います。
家族以外の他人に教えることを硬く禁じます。
もし教えるとImIm懲罰委員会に罰せられますので、ご注意を。
また、以後、アンケートに答えてくださる時は
希望チェックを外してくださいね。
ダブるので……

★お蔵に入ってしまった作品をもう一度読みたい。パスワードが無いとやっぱり見れないの?
お蔵に入れる前には、前もって予告しますので
それが自分のお気に入りの作品だったら、自分のパソとかに保存しておいて下さい。
転載は駄目ですよ。。

★イマイチお蔵の利点が分からない。
出来るだけ厳選したものだけを表に出そうというのが表向きの理由。
本心は、単に過去作を見せるのがハズいだけです。
後、アンケートに応えてくれる皆様に何か特典を付けたいと言う事で
会員ページみたいなのを作りたいと思ったのです。

「お蔵」はあくまで過去のヘボい作品を並べていく為の物置です。
それ以外の特典はありませんし、新作は必ず表で公開します。
ある程度、表で公開して時間が経ってからお蔵入りするようにします。




作家選択ページへ

トップへ